reading book

洋書

洋書で多読したいならKindleの「Word Wise」機能を絶対使うべき(使い方も解説)

この記事はこんな方におすすめ

  • 洋書を読んでみたいけど英語力には自信がない
  • 英語を学びながら同時に知識も習得したい
  • Kindleで読書しているor読書を検討している

「Word Wise」とは?

Word Wiseとは、Kindleで難しい英単語の意味を簡単な英語で説明してくれる機能のことです。(自動の英英辞書機能だと考えると分かりやすいかも)下の写真は"determining"と"objections"の意味をそれぞれWord Wiseが説明しています。Word Wiseが使えるのは洋書のみで、日本語の本では使えません。まさに要所で英語を勉強するための機能と言っていいでしょう。

Word Wise イメージ

「Word Wise」 例

「Word Wise」の使用環境

「Word Wiseを有効にするには、端末をWi-Fiに接続する必要があります」とホームページに記載されています。しかし、Kindleを購入後、本をダウンロードすればWi-Fiが無い状態でも機能しました。

機種別の「Word Wise」設定方法

・Kindle Paperwhite編

①Kindleの画面上部をタップすると、以下のようなバーが表示されるので「Aa」をタップします。

②「その他」から「Word Wise」をオンにします。

Kindle Paperwhite手順2

「その他」から「Word Wise」をオンにする

Kindle端末であれば、Paperwhite以外の端末でも使用可能です!(第6世代以降)

余談ですが、Kindle Paperwhiteは目に優しいライトを使用しているので、ずっと読書をしていても目が疲れません。防水機能は最高ランクのIPX8なので、お風呂で読んでいて水没させても問題無いです。充電も1回の充電で数週間持つので持ち歩きに便利ですよ。

・Androidアプリ編

「Aa」の表示位置が異なりますが、それ以外はKindle Paperwhiteとやり方は同じです。

Androidアプリ写真1

「Aa」をタップ

その他Word Wiseが使える端末

Fireタブレット(第3世代以降)、サムスンの端末ではWord Wiseが使用できます。

参考:ヘルプ&カスタマーサービス

・iOSアプリではWord Wiseが使えない

残念ながらiOS版のKindleアプリでは「Word Wise」が使用できません。(2021年現在)iPhoneやiPadユーザーの方は少し残念ですね。

「Word Wise」の使い方

右下の「Word Wise」ボタンを押すと、下の写真のようなポップアップが出てきます。このポップアップを操作することで、表示頻度を減らしたり、Word Wiseを非表示にすることができます。もう少し詳しい意味や例文を見たい場合は、単語をタップすることで確認できますよ。

「Word Wise」ポップアップ表示

英語力に応じて調整できます

「Word Wise」の対応言語

Word Wiseの対応言語は英語と中国語だけなので(2021年5月現在)、日本語で説明はしてくれないところが少し残念です。しかし、英語を英語で理解する練習と考えれば十分使える機能だと思います。

結論:洋書を読むなら紙よりKindle!

Kindleで洋書を読むメリットをご理解いただけたでしょうか。復習すると、Word Wiseは難しい英単語の意味を簡単な英語で説明してくれる機能でした。「本は紙で読みたい!」と思っている方もいるでしょう。しかし、洋書にチャレンジされるのであれば、Kindleを一度試してみてもいいかもしれませんよ!

-洋書

© 2022 IDAKEN BLOG Powered by AFFINGER5