grammar

未分類

【英語文法】基本5文型をざっくり解説!

基本5文型とは?

英語の文章を成立させるために必要な型であり、どの文の要素をとるかによって次の5つに分類できます。これを一般的に基本5文型と呼んでいます。

第1文型:主語+動詞(S + V)

第2文型:主語+動詞+補語(S + V + C)

第3文型:主語+動詞+目的語(S + V + O)

第4文型:主語+動詞+目的語①+目的語②(S + V + O1 +O2 )

第5文型:主語+動詞+目的語+補語(S + V + O + C)

*S = Subject、V = Verb、C = Complement、O = Object

ではそれぞれについて詳しく見ていきましょう!

第1文型:主語+動詞(S + V)

基本、主語と動詞のみで意味が成立する一番シンプルな文型です。この文系で使われる動詞は完全自動詞と呼ばれ、目的語や補語を必要としません。

I walk.(私は歩く)

ただこんなシンプルな形は実際そんな多くはなく、多くの場合修飾語(副詞など)を一緒に使います。

I walk slowly.(私はゆっくり歩く)

ここではslowlyという単語が修飾語としてくっつきましたが、当然もっと長い場合もあります。

The meeting ended at three in the afternoon.(会議は午後3時に終わった)

その他第1文型には主語と動詞のみでは意味が成立しない例外があります。いわゆる付加語と呼ばれます。

My mother is in the kitchen.(お母さんは台所にいます。)

上の例文の「in the kitchen」が付加語で、取り除いてしまうと意味が成立しなくなってしまいます。付加語を必要とする完全自動詞はbe,live,stand,stayなどがあります。

第2文型:主語+動詞+補語(S + V + C)

第1文型に加えて補語が追加された文型です。補語とはSVやSVOだけでは意味が成立しない時に補われる語です。第2文型の動詞は自動詞であるものの、補語をとるため不完全自動詞と呼ばれます。自動詞とは目的語を必要としない動詞のことですが、第2文型では補語をとっているため「不完全」としています。

また「主語=補語」で考えることが目的語との違いになります。

He looks happy.(彼はは幸せそうだ)

「He」と「happy」はイコールの関係なので、He is happyのように動詞をbe動詞に言い換えても文が成立します。

第3文型:主語+動詞+目的語(S + V + O)

ここでは補語ではなく目的語をとります。目的語をとり補語を必要としない動詞を完全他動詞といいます。目的語には名詞、代名詞、名詞に相当する語句が当てはまります。

また「主語≠目的語」で考えることが補語との違いになります。

He has a pen.(彼はペンを持っています)

「He」と「pen」は別物でイコールではないことがわかります。

第4文型:主語+動詞+目的語①+目的語②(S + V + O1 +O2 )

目的語①には人などが入り、「〜に」を意味します。目的語②には物などが入り「〜を」を意味します。

I gave her some advice.(私は彼女に忠告をした)

上記の文章は目的語①と目的語②を入れ替えて文章を作ることができます。この時に前置詞toが入る場合(giveなど)とforが入る場合(buyなど)で大きく2つに分けられます。

I gave some advice to her.

toが入る動詞

allot、award、give、grant、hand、lend、offer、pass、pay、promise、read、sell、send、show、teach、tell、throw、writeなど

forが入る動詞

buy、call、cook、find、get、make、order、prepare、save、spareなど

第5文型:主語+動詞+目的語+補語(S + V + O + C)

他動詞は目的語を必要とする動詞のことをいうが、第5文型では補語も入ってくるためこの文型の動詞は不完全他動詞と呼ばれます。

ここでは「目的語=補語」として考えることができます。

They called him Jim.(彼らは彼のことをジムと呼んだ)

「him」と「Jim」は同一人物なのでイコールの関係だとわかります。

まとめ

普段目にする英語の長文や記事などは複雑なものと思うかもしれませんが、基本的にはこの5文型を使っていると考えれば苦手意識もなくなるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-未分類

© 2022 IDAKEN BLOG Powered by AFFINGER5