Google Dictionaryの使い方

未分類

英単語の意味をすぐに表示!Chrome拡張機能「Google Dictionary」の使い方

この記事はこんな方におすすめ

  • 分からない英単語を調べるのが面倒くさい
  • Webサイトでサクサク英語の文章を読みたい
  • 調べた単語を後で復習したい

 

Google Dictionaryとは

Google Dictionaryとはその名の通り、Googleが提供している辞書の拡張機能です。Web上の英単語の意味を素早く調べることができます。300万人以上のユーザーが使用しており、評価も4以上と高いです。

Google Dictionaryの使い方

大きくはWebサイト上の英単語をドラッグすると、意味が表示されるシンプルなものです。また、赤枠で囲っている「More」を押すと、自動的にその意味をWeb検索してくれます。

もう少し詳しい意味を調べたいときには、ドラッグした状態で右上にあるGoogle Dictionaryのマークをクリックすることで確認することができます。

細かい意味の確認方法

マークをクリックすると細かい意味が確認可能

Google Dictionaryの設定変更方法

設定を変えることで、自分にあった表示方法にすることができます。先程と同様、Google Dictionaryのマークから赤枠の「Extension Options」をクリックします。すると設定変更画面に移ります。

設定変更方法

「Extension Options」をクリック

次に設定変更画面を上から順に解説していきます。

Google Dictionary設定画面

設定変更画面

言語設定

My language」より言語を選択します。デフォルトはEnglish(US)(アメリカ英語)ですが、Japaneseを選べば意味を日本語で表示してくれます。

意味の表示方法

「Pop-up definitions」では、2種類の表示方法から選択できます。

1.「Display pop-up when I double-click a word」:ドラッグした単語をダブルクリックすると意味を表示

2.「Display pop-up when I select a word or phrase」:ドラッグしたらすぐに意味を表示

「毎回意味が出てくるとうざい」と思う場合は1、「ダブルクリックが面倒」であれば2を選ぶを良いと思います。さらに、それぞれに「Trigger key」指定すると、そのキーを押しながらドラッグすることで表示にもできます。指定したくない場合は「None」にしておきましょう。

ドラッグした意味をまとめて復習したい場合

「Word history」で「Store words I look up, including definitions」にチェックを入れれば勝手に履歴を残してくれます。「Download History」からCSVファイルをダウンロードして今まで調べた意味を見返せるので、復習する際に便利です。

まとめ:Google Dictionaryでできること

Google Dictionaryできることをまとめておきます。

  • 英単語の意味を英語で表示(英英辞書)
  • 英単語の意味を日本語で表示(英和辞書)
  • 英単語をドラッグするとすぐor ドラッグした後にダブルクリックで意味を表示
  • trigger keyを指定すると、そのキーを押しながらドラッグすることで意味を表示にもできる
  • 調べた単語をまとめてCSVファイルでダウンロードできる

英単語を調べるだけでなく、英語学習に役立つChrome拡張機能は他にもたくさんあります。別の記事で紹介しているので、興味のある方は確認してみて下さいね。

Google画像
英語の勉強に必須のChrome 拡張機能4選(細かい使い方も徹底解説)

この記事はこんな方におすすめ Webで分からない英単語の意味をすぐに調べたい 英語の書類や課題を書くときに、文法(スペルミスなど)をチェックしたい 洋画や海外ドラマで楽しく英語を勉強したい ではさっそ ...

続きを見る

-未分類

© 2022 IDAKEN BLOG Powered by AFFINGER5